高山植物図鑑

登山中にふと見かける美しい花々

花は人の心を癒してくれます。そんな花々を紹介していきます。

これからも徐々に更新していく予定です。

ハクサンイチゲ

高山植物の代表種で、中部地方以北~東北地方の亜高山帯~高山帯の湿った草原に生育します。雪渓が解けた跡に群生が見られます。

開花情報

6から8月 北海道~東北地方北部の高山帯

ハクサンコザクラ

日本海側の高山帯(白山から飯豊山)に分布し、雪渓周辺や湿地帯などの湿った場所に群生します。 高さは15cmほどで葉は3~8cmで9~25個の鋸歯縁です。

開花情報

6から8月 日本海の高山帯(白山から飯豊山にかけて)

キタダケソウ

南アルプス北岳の固有種で、高山帯の草地に生育します。花茎の高さは10-20cmで、先端に直径約2cmの白い花をつけます。花期は雪解けの6月中旬から7月上旬と他の高山植物よりも早く、登山最盛期の8月には姿を消してしまいます。

なお、名前の由来は1931年(昭和6年)7月17日に、千葉高等園芸研究科生の清水基夫が北岳山頂直下で新種のこの植物を採取して、後にキタダケソウと名付けられました。

開花情報

6月中旬から7月上旬 南アルプス北岳の固有種、高山帯の草地

ミヤマクワガタ

草丈は15cmほどで、花は紫色です。濃いスジがあり、花茎の先に10数個の花をつけ、横向きに咲きます。果実は蒴果。

なお、余談ですが同名の昆虫にクワガタムシ科のミヤマクワガタがあります。

開花情報

6月から8月 本州の中部以北(山形県・福島県から鳥取県)の高山帯

参考、画像提供・・・wikipedia

更新情報

 

2012/12/24

トップを更新しました

 

過去の更新履歴

利用規約 

必ずお読みください